僕やり 動画 6話 無料再放送見逃し配信公式fodプレミアムとネタバレ

僕やり 動画 6話 無料再放送見逃し配信公式fodプレミアムとネタバレについて書きます。

 

“そこそこの人生を送りたかった”『僕たちがやりました』の主人公、増渕トビオです。

 

ですが、友人の丸山友貴がヤンキーの巣窟「矢波(やば)高校」の生徒にボコボコにされてしまい、トビオは「アイツらを殺そう」と復讐を誓います。

 

パイセンこと小坂秀郎が爆弾を用意し、矢波高校に仕掛けるのですが、爆弾はパイセンの予想以上の大爆発を引き起こします。

 

死者はなんと10名。とうぜん警察は犯人探しをはじめます。

 

トビオが”そこそこの人生”を送れるのかどうか必見です。

 

見逃したテレビドラマを見る方法ですが、「U-NEXT(ユーネクスト)」、fodプレミアムは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため無料視聴/見逃し配信/再放送できます。

さらに原作ドラマを見ることができます。

Fodプレミアムは、公式サイトは、下記です。

 

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

 


「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは、下記です。

 

僕たちがやりました U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

 

 

僕たちがやりましたドラマ6話放送日、放送時間

 

6話は8月22日(火曜日)の21時からフジテレビ系列で放送されます。

 

僕たちがやりましたドラマ第6話公式予告youtube(最新話)

 

配信終わってフジテレビオンデマンド(FOD)、auビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信できます

僕やりがみえるその他VOD

auビデオパスでも僕たちがやりました がむりょうでみれます

auユーザーは、僕たちがやりました をみるときはTVer(ティーバー)でみると通信費が高いですよね。

「auビデオパス」は、「U-NEXT(ユーネクスト)」も同じですが、ダウンロード(dl)再生で、本編が楽しめます。

「auビデオパス」の公式サイトは、下記です

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

 

 

僕たちがやりましたドラマの6話のネタバレ感想

 

真実を知らないとは言え、罪の意識から解放されたトビオは日常を取り戻します。

 

金を盗んだマルに言いたいことはあれど、“そこそこの生活”に満足し、これまでのことを忘れようとしている風にも見えました。

 

蓮子にも無理矢理襲ったことを謝り、さらに蓮子が市橋ともつき合ってないことがわかり、なんだかいい感じに…。

 

見ているこちらは、安心しちゃだめ!君がやったんだよ!と言いたい気持ちになりました。

 

一方、前回、蓮子へ告白した市橋。切ない告白でしたが、トビオが戻ってきたことを知っている市橋は、蓮子と結ばれることはない、ということを悟っているような表情がまた切なくなりました。

 

彼は不自由な体を抱え、今は絶望の中にいますが、ドラマ後半でどうやって彼らしさを取り戻すのか、気になります。

 

トビオは犯人なわけですから…もしかして蓮子が市橋を選ぶ、という選択肢も残っているのでしょうか?

 

高校教師の菜摘の謎も、今後解かれていきそうです。

 

これまで意味ありげな表情を浮かべていましたが、今回で輪島に復讐する、という目的だけは見えてきました。輪島は彼女に何をしたのでしょうか?菜摘の家族を死に至らしめた…という展開なのかもしれません。

 

というか輪島は裏社会のドン、ということですが、本当に絵に書いたような悪者で少しだけ笑えてきてしまいました。

 

輪島が具体的にどんな悪さをしている人なのか気になります。

 

そしてその悪さを、飯室刑事はこらしめることはできるのか…とどんどん謎が深まり、最後まで気の抜けない転機となる回でした。

 

僕たちがやりました ドラマのキャスト

 

増渕トビオ(窪田正孝)

伊佐美翔(間宮祥太朗)

丸山友貴(葉山奨之)

小坂秀郎(今野浩喜)

真中幹男(山本浩司)

蒼川蓮子(永野芽郁)

新里今宵(川栄李奈)

三浦由佳(岡崎紗絵)

立花菜摘(水川あさみ)

田中(八十田勇一)

市橋哲人(新田真剣佑)

有原(吉村界人)

熊野(森田甘路)

増渕優子(榊原郁恵)

増渕ハル(八木莉可子)

飯室成男(三浦翔平)

栗原(中村靖日)

西塚智広(板尾創路)

輪島宗十郎(古田新太)

原野玲夢(山田裕貴)

武藤慶大(一井直樹)

桜田祐介(岡田龍太郎)

松崎(鈴木貴之)

水前寺(加藤諒)

うらら(おのののか)

 

 

 

僕たちがやりました次回の考察

 

面白そうだなと感じた点を大きくまとめると3点あります。

 

まず一つはそれぞれの人間関係の変化、そしてもう一つはそれぞれの心情の変化、そして最後はこれから先のストーリーです。

 

今まで僕たちがやりましたを1話から見てきたのですが、6話までと以降とで大きく変わった点が1つあると思います。

 

それは爆破事件の犯人が、疑いから確信に変わったことです。

 

これは非常に面白い変化で、疑いから確信に変わったことにより上記で上げた3つのポイントがより興味深くなってきます。

 

まず最初にあげた人間関係の変化は第7話でも最初に注目する点ではないかと思います。

 

これまでは、トビオ、伊佐美、マル、パイセンを中心として周りをほかのキャラクターがかこっていたという構図でしたが、次回ではこの4人それぞれを中心として話が進んでいくのではないかと興味深く思います。

 

また、次ににあげた心情の変化ですが、またここが面白いところで、これまでは4人がどちらかというと同じベクトルを向いていたのが、あるものは開き直り、またある者はその罪に正面から向き合い、またあるも者はその罪そのものをなかったことにする。

 

そしてある者は親への愛情を求めだします。

 

4人が全く異なる方向へと進んでいくかもしれない第7話はほんとに楽しみです。

 

そして最後に今後のストーリーですが、これはこれまでお話ししたことを踏まえて次回以降どう進んでいくのか目がはなせません。

 

僕やり動画6話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunはないです。

 

コメントを残す