キュウレンジャー 見逃し配信 無料視聴auビデオパス

 

Auビデオパスなのでauユーザーしか登録できませんが、ドコモやソフトバンクのスマホからでものぞき見はできます。

宇宙戦隊キュウレンジャーはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴/見逃し配信/再放送できます。

宇宙戦隊キュウレンジャー見るならauビデオパスです。

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

宇宙戦隊キュウレンジャーの放送日はいつ?放送時間は

 

毎週日曜日の午前7:30からです

 

宇宙戦隊キュウレンジャー動画最新話無料視聴youtube予告

 

 

仮面ライダービルドの動画最新話あらすじネタバレ

 

1ラッキーたちは、アキャンバーの罠にはまり敵の手に落ちたナーガ奪還へ。バランスは自分が迎えに行けばナーガはすぐに元通りになると信じていたが、すっかり変わってしまったナーガに攻撃されてしまう。アキャンバーによると、ナーガを元に戻すには激しい痛みを与えるしかないという。しかし、バランスはナーガを攻撃することができない。そこに、ナーガにそっくりなヘビツカイ座のエキドナが現れ…

宇宙戦隊キュウレンジャーがフルに見れる「auビデオパス」

au公式ビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができる動画配信サービスです。

特徴1★初回30日間無料
見放題プランへ初回ご加入の場合に限り、30日間無料でお試しいただけます。

特徴2★毎月もらえるビデオコインで新作レンタル可能
見放題プランにご加入いただいているお客様は、毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)付与されます。

特徴3★マルチデバイス対応
スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで楽しめます。
スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能!テレビならHD画質で視聴が楽しめます。

当社提携サイト公式より引用

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

 

仮面ライダービルドのキャスト

声の出演

オオカミブルー/ガル:中井和哉 テンビンゴールド/バランス:小野友樹 オウシブラック/チャンプ:大塚明夫 ワシピンク/ラプター283:M・A・O リュウコマンダー/ショウ・ロンポー:神谷浩史 ドン・アルマゲ:谷昌樹 クエルボ:浪川大輔 ククルーガ:内田直哉 エキドナ:恒松あゆみ アキャンバー:小宮有紗 ナレーション:木村昴

◇スタッフ

原作:八手三郎 脚本:毛利亘宏 音楽:山下康介 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田洋 監督:柴崎貴行

◇主題歌

オープニング「LUCKYSTAR」 歌:幡野智宏 エンディング「キュータマダンシング!」 歌:松原剛志 ダンス振付:ラッキィ池田氷室幻徳(ひむろ・げんとく):水上剣星

宇宙戦隊キュウレンジャー動画最新話までのネタバレあらすじ感想

 

歴代のスーパー戦隊シリーズと比較して、特に天装戦隊ゴセイジャー・海賊戦隊ゴーカイジャーに似た、颯爽としながらも力強さを感じさせる曲調であると思えます。

 

また、今回がスーパー戦隊シリーズの第41作品ということも有り、曲名及びサビの終わりに題名「宇宙戦隊キュウレンジャー」が含まれていない点から、歴代作品とは一線を引いているようにも感じられます。

 

しかしながら、曲のカッコ良さや本編オープニングのワクワクさせる面白さを含めて、変わらず子供達に愛され続ける作品として継続して行こうという気持ちが表れています。

 

いつまでも子供や親御さん、いや老若男女問わずみんなが好きなシリーズになるためオープニングやエンディングテーマが成り立っていると僕は考えます。

 

話は変わりますが、ちゃんと曲中には「キュウレンジャー」とコールされている点もお気に入りです。遡ればオープニング曲の変遷は昭和のカッコ良さから平成のカッコ良さへそして、今回は作品内容とヒーローのカッコ良さがマッチした、言わば宇宙を感じさせるスピード感溢れる曲であるとも表現できます。

 

最後に繰り返しますが、ヒーロー・シナリオ・作品の個々のみでは成立せず、全てかマッチしてこそ今回の主題歌「LUCKYSTAR」の魅力が引き立っています。

 

宇宙戦隊キュウレンジャーのこれまでの感想

 

友人からの勧めで視聴を始めた仮面ライダーだったのでエグゼイドも引き続き、という理由で視聴していました。

 

最初の頃はかっこいいとは思えない残念なフォームにガッカリし、エピソードやテーマがゲームであることから毎週観るのはやめようかと思っていました。内容が少し理解できずにいたのです。

 

しかし、登場するキャラクターの個々の面白さ、進展していく内容、仮面ライダーのレベルが上がることやアイテムが増えていくたびに変化するフォームのかっこよさにどんどんハマっていくことになろうとはその時の私は思っていませんでした。

 

エグゼイドは主人公が医師であること、敵はウイルスであり、人間とは決して相容れない存在であることから難しいと考え過ぎていた部分がありました。

 

そこにゲームというテーマが生き、ウイルスは敵であるけれど、それがすべて悪であるとは限らない、彼らは彼らなりに懸命に生きているんだということを認識した時、敵だと思っていたキャラクターに突然愛着がわいたのです。

 

ゲームウイルスに感染した患者も、人間を苦しめる存在のバグスターも、生きたいという気持ちは一緒である、とそれぞれの存在の必死さを主人公である宝生永夢が理解していく時、私も一緒に理解してきたのだろうと感じています。

エグゼイドの他にスナイプやブレイブなど脇を固めるライダー達にもそれぞれの濃くて深いエピソードがありました。残り数回でエグゼイドは最終回を迎えます。物語の後半に出てきた悪の存在であるクロノスをどのように倒すのか、おそらくは激しい戦いが待っているのでしょうが、しっかりと見届けたいと思います。

 

 

コメントを残す