仮面ライダービルド 動画 1話 無料フル視聴見逃し配信再放送auビデオパス

仮面ライダービルド 動画 第1話 無料視聴見逃し配信再放送auビデオパス

 

仮面ライダービルド新シリーズ始まりますね。

 

当サイトは仮面ライダービルドの魅力をいろんな面から魅力を探っていきたいと思います。

 

仮面ライダービルドの仮面ライダーシリーズはauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴/見逃し配信/再放送できます。

 

 

仮面ライダー見るならauビデオパスです。

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

 

仮面ライダービルドの放送日はいつ?放送時間は

 

2017年9月3日の午前8:00からですが10月から午前9時になります。

 

仮面ライダービルドの動画第1話無料視聴youtube予告

 

 

仮面ライダービルドの動画第1話あらすじネタバレ

 

10年前、火星探査機が持ち帰ったパンドラボックスから放たれた光によって地面が隆起、巨大な壁が出現した。
世に言う「スカイウォールの惨劇」…。
日本は3つに分割され、それぞれに北都、西都、東都という首都が誕生。互いに対立していた。

そして現在。東都では、謎の未確認生命体スマッシュが出現。戦兎(犬飼貴丈)は人知れず仮面ライダービルドに変身し、スマッシュと戦う日々を送っていた。

しかし、戦兎にはここ20数年間の記憶がない。わずかに覚えているのは「ガスマスクの科学者、人体実験、コウモリ男…」のみ。それが一体何を意味するのか?戦兎は東都先端物質学研究所に就職。ビルドとしての戦いを続けながらも、研究者としてパンドラボックスの謎の解明を担当することになる。

そのころ、殺人罪で服役中だった龍我(赤楚衛二)が脱獄。その龍我からスマッシュの反応が検出された。戦兎は龍我を捕まえようとするが、無実を訴える龍我から意外な事実を聞かされて…。

仮面ライダーが見れる「auビデオパス」

au公式ビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができる動画配信サービスです。

特徴1★初回30日間無料
見放題プランへ初回ご加入の場合に限り、30日間無料でお試しいただけます。

特徴2★毎月もらえるビデオコインで新作レンタル可能
見放題プランにご加入いただいているお客様は、毎月ビデオコインが540コイン(540円相当)付与されます。

特徴3★マルチデバイス対応
スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで楽しめます。
スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能!テレビならHD画質で視聴が楽しめます。

当社提携サイト公式より引用

下記はauビデオパス公式で(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

 

 

仮面ライダービルドのキャスト

◇出演者

仮面ライダービルド/桐生戦兎(きりゅう・せんと):犬飼貴丈

 

万丈龍我(ばんじょう・りゅうが):赤楚衛二

 

石動美空(いするぎ・みそら):高田夏帆

 

内海成彰(うつみ・なりあき):越智友己

 

滝川紗羽(たきがわ・さわ):滝裕可里

 

氷室幻徳(ひむろ・げんとく):水上剣星

 

石動惣一(いするぎ・そういち):前川泰之

◇スタッフ

原作

石ノ森章太郎

脚本

武藤将吾

監督
田崎竜太

仮面ライダービルドデザインについて

 

仮面ライダービルドのデザインがかっこいいので、それだけでも期待度が高くなります。

 

天才ゲーマーのエグゼイドの次は、天才物理学者が主人公とのことで天才続きになりますがキャラは結構違うようですね。

 

エグゼイドに出てきたビルドの雰囲気は、ひょうひょうとした感じでなんとなく仮面ライダーウィザードのはるとっぽいような印象でした。

 

クロトのような自信に満ち溢れた天才とも違いますね。

しかし、クロトとエグゼイドを間違えて攻撃してくるあたりは早とちりしがちな性格でもあるのかなと感じました。

 

 

しかも、人知れず変身して戦う主人公の戦兎はここ20数年間の記憶がないという設定。これもなんとなくウィザードと似てる気がします。

 

 

宇宙も大きく関わってきそうなのでフォーゼとのプチコラボなんかがあったら面白いと少し期待もあります。

 

 

火星探査機が持ち帰ったパンドラボックスにより日本が3つに分割されて、それぞれに首都が出来て対立しているという設定。

今回は現代社会とは違う世界設定なのですね。

 

 

研究所に就職ということなので、仕事とヒーロー業の両立を願ってしまいます。

 

 

エグゼイドではゲームで戦うことが仕事、その前のゴーストはほぼ幽霊になってるので仕事という面は大丈夫でしたし、ドライブも途中からはドライブとして戦うことが仕事になっていました。

 

 

体をはって皆を守るのにそれが仕事じゃないのは正直不憫。今回も戦うことが仕事で専念できるといいのですが。

 

 

そして物語の鍵になりそうな3つのワード、

ガスマスクの男。人体実験。コウモリ男。

 

戦兎が覚えているらしいこれらの事は何を導くのでしょう。

 

もしかして、人体実験で何らかの化学反応がおきてビルドに変身できるようになったのかもしれませんね。

 

とりあえず敵というのは謎の未確認生物スマッシュとのことですが、コウモリ男がそれらの生物を操る黒幕だったり?

 

しかも1話目で、スマッシュの反応がある脱獄した龍我という男が意外な事実を聞かすというのも気になります。

 

それも無実を訴えているというし、敵か味方かもまずは分からないし。

 

過去が分からないことでゆくゆくは、敵から味方のふりをして騙されたり利用されそうになることなんかも出てくるのかもしれませんよね。

記憶のない主人公と一緒に謎をとくようなミステリー要素もあるのではないかと楽しみにしています。

 

しかも物理学者の主人公で、化学反応とか実験だとか、子供にとって理科の勉強になることも色々出てきそうで

そういう期待もあって嬉しいです。

コメントを残す