黒革の手帖 7話 無料視聴9月7日見逃したらauビデオパス

黒革の手帖 第7話 無料視聴9月7日見逃したらauビデオパス

『黒革の手帖』は武井咲さん演じる原口元子が、銀座でNo.1クラブを目指す物語です。1話ごとに原口元子は様々な人脈を駆使して黒革の手帖に記した個人情報をもとに、お金を巻きあげます。裏切りと愛情が交差する黒革の手帖は、ドロドロしたドラマです。また、前作では米倉涼子が原口元子役を演じ、今作では武井咲が原口元子役を演じる事でも話題になっています。

 

 

黒革の手帖ドラマ第7話放送日、放送時間

 

第7話は9月7日(木曜日)の21時からテレビ朝日系列で放送されます。

 

黒革の手帖ドラマ第7話公式予告youtube

 

タイトルドラマ動画第7話の無料視聴・見逃し配信できるVOD

 

auビデオパス

 

 

「auビデオパス」の公式サイトは、下記です。

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは、下記です。

 

黒革の手帖 U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

 

ビデオマーケット

 

 

「ビデオマーケット」の公式サイトは、下記です。

 

今なら初月無料!動画を見るならビデオマーケット!

 

 

黒革の手帖 ドラマ7話の考察

 

黒革の手帖のストーリーは、バッドエンドと知っていても、元子が何とか助かって今回はハッピーエンドにならないかと願ってしまいます。

 

皆悪事を働いた登場人物ばかりの中、多勢に無勢を通すのはちょっと正義が(?)すたるという気持ちにかられてしまうのでした。 

 

このままお決まりのバッドエンドになってもらいたくない、という点で、今回の黒革の手帖はとてもハラハラさせられます。

 

武井咲演じる元子は、今回頭が良く冷静なキャラクターなだけに、米倉涼子演じる元子のシレッとした感じはないため、好調な時のキレ味は良いのですが、追い詰められている時はとことん追い込まれてしまい窮地にはまっていく印象が強いです。

 

 これまで見ていた感じでは、やはり所々アレンジが加えられていることから、結末はどういう風に終わるのかが気になります。

 

また、小道具としてパソコンやUSBしか今のところ出てきてないため、今の時代を象徴する小道具とは何だろうか、とも考えてしまいます。

 

 最近は、ネットの求人情報サイトで堂々とホステスのアルバイトが募集されていおり、そういうお仕事に対する意識が気軽な時代です。

 

夜の世界ってそんなに甘くない、コワイよ、と広く視聴者に警告を放っているような一面も見え隠れします。 

 

 

黒革の手帖 ドラマの7話のあらすじネタバレ

 

長谷川庄治(伊東四朗)と約束した期日に契約金の残金を支払えなかったことで、『ルダン』を手に入れることはおろか、『カルネ』までも差し押さえられてしまった原口元子(武井咲)。

長谷川は『カルネ』の新しい支配人として村井亨(滝藤賢一)を、そして新しいママとして山田波子(仲里依紗)を送り込み、いつのまにか黒革の手帖も奪われてしまった元子は文字通り、すべてを失ってしまう。

困った元子は『燭台』のママ・岩村叡子(真矢ミキ)を訪ね、相談に乗ってもらおうとするが、元子がしでかしたことを既に知っていた叡子は「ルールを破った女に居場所はない。

あなたの出番はもう終わったの」と冷たく言い放つ。

叡子にまで見放された元子は途方に暮れ…?

刻一刻と迫る『カルネ』の立ち退き期限。

どうにか事態を打開したい元子は、安島富夫(江口洋介)を頼り、弁護士を紹介してもらう。

契約の無効を訴える裁判への協力を承諾してくれたものの…!?

そんな中、元子の身に思いもかけない出来事が!

絶体絶命に追い込まれた元子が選択する道は…?

テレビ朝日 ホームページより引用

 

黒革の手帖 ドラマに出演している武井咲さんについて

 

元々は米倉涼子さんが黒革の手帖のドラマをやってましたが、武井咲さんはその中でプレッシャーもあると思いますが、しっかり演じ切ってる辺りが流石だなと思いました。

 

キャラクターについても原口元子を演じてますが、元々派遣で銀行で働いていたんですが、まさか銀座でNo. 1になる目標があったなんてビックリしましたね。

 

そして、その為に銀行で犯罪を犯してまでお金をゲットする所が、やっぱり大物になる者はやる事が違うなと思いました。

 

その後は派遣で働いてたクラブも辞めて、遂には銀行で得たお金でクラブカルネを経営してしまうのはとても凄いなと思いました。

 

しかし、そんな甘くは無く、色々な犯罪を犯して得たお金を持った人達を黒革の手帖で脅してのし上がろうとしてましたが、長谷川の出現で大きく狂わされてしまいましたね。

 

それでも逃げない原口元子は本当に凄い若い銀座のママだなと思いました。

過去に家族の事で色々あったのが今こうして生きているんだろうなとは思いますが、それでもあそこまで銀座と言う街を自分の物にしようなど考える事自体が凄い事だなと思いました。

 

 

黒革の手帖 7話までの感想ネタバレ

 

前回の流れから「25千万、払えないんだろうなあ……」とは予想していましたが、長谷川が積極的に妨害してくるとまでは思っていませんでした。

たしかに違約金の契約をさせてしまえば、それをぶんどった上にルダンも手放さないというのが長谷川に取ってお得なやり方でしたね。

 

元子が3億を手に入れる前に行動を起こしてしまったのは、モタモタしているとルダンを誰かに買われてしまう可能性があったからですが、結果を見るとそうやって誰かに出し抜かれた方が遥かにマシだったと言えるでしょう。

 

ルダンに手を出したばっかりに失ったものがあまりにも多すぎました。そんな元子を助けてくれたのが安島議員でした。

 

まさか彼が長谷川に盾突いてまで元子を守ろうとしてくれるとは。安島が元子に惚れているらしい事はこれまでにも描かれてきましたし、「あの人には関わるな」と何度も忠告してくれる人物でしたが、だからといってその長谷川を相手にあそこまで戦ってくれるとは思っていませんでした。

 

しかし、そうして違約金を免除してもらうのが彼に出来る最大限の手助けなような気もします。

 

この先また何かがあれば、さすがの安島も今度は助けられないのではないでしょうか? 

ですから元子もこの辺りで一度落ち着いてほしいのですが……やられっぱなしで引き下がる女でもなさそうなんですよね、彼女は。次週以降もまたハラハラさせられそうです。

 

 

 

コメントを残す